2018年4月11日水曜日

もり・かけ お好みは?

<どこまでも続く、せこい話>

「友達の為に」と、部下にさりげなく一言かけたご主人、

持ち上げられて、いい気にさせられて、つい電話をさせてしまった奥様・・・・・。


夫婦でよく似たお話が
小学校と大学の開校話で続いております。

 
「もり」や「かけ」に具(愚)はついてないはずなのですが。



(新語辞典)

「自分の記憶の限りでは・・・・・・・」
 


「記憶にございません」に匹敵する逃げことばです。
 
 
宿題を忘れたこどもたちに流行しませんように。




(おまけの自衛隊日報騒動)


あなたの指図を真剣に受け止めていた部下は、いなかったようです。
国同士の争いが起きていたとしても、命令は無視されていたと思われます。


上司を無視するとは「最適の人事を行った」首相を裏切る行為です。




<選抜高校ラグビー結果>


過去の選抜(今年で19回目)の結果から予想すると
花園で桐蔭が優勝する確率は50%ほどあります。
 
このトーナメントに出場した8強となると・・・・・・。






後輩たちの精進に応援しましょう!!





(歳相応に・・・・・)



パパよりすこし年上のゴルフ仲間が、週末のコンペを断ってきました。

「昨日 街で段差を踏み外して横転してしまい・・・
・・・でも片足引きずって会社には出勤してるよ」

 
それって、会社も「取り扱い」に困っているのでは?
 

パパも無理はやめましょうね、無理はね。
 
(もっとも、無理が解らないのが前期の特徴だって)

0 件のコメント:

コメントを投稿