2021年11月2日火曜日

戦い済んで夜が明けて

 <くすっと笑った誰かさん>


現役幹事長が小選挙区で初めて落選したぐらいは

びくともしておりません。

もともと就任時から疑問視されていた人事ではありました。

交代されても何の変化も無しとお見受けします


幹事長役は地元有権者に目立った利益をもたらさない?

「有権者の方々はお金の後始末方法がお気に召さなかった」結果と思われます


パパは現役役員の落選を予想してたけど

まさか 幹事長がねえ・・・・。

大臣のチェックしておりません。



「嬉しいとね 目が細くなるんですよ」

(こちらも責任問題)

政策度外視で「野党統一候補」を戦略としましたが
自の議席数を減じてしまい、責任問題となりました


「あなた」とはどなたの事か
国民に伝わってこない選挙戦でした。

「野党は選挙に負けても 責任取らなくていいんですか!」

泣きっ面に 突っ込みいれられ 言葉を探しておりました。

(結果)
最長4年間はこの体制です。
国民は変化を望みながらも
投票したい政党を見いだせず
投票率も関心が高いわりには上がりませんでした。

憲法改正 国民投票がありそうな気配が漂ってきました


<ラグビー秋田県予選決勝>

県予選の零封勝利の力量が
全国大会でどこまで通用するのか

いつもの事ながら 年越しは如何に・・・・



出場69回目って 今年パパは古希?


(ゆるぎなき 花園勝利数)

優勝回数と勝利数に
追いつける学校は無いと自負しますが

なんせ優勝が昭和62年以降 ありません。



   今一度 優勝の姿をこの目で 見たい。

   みさせて 下さい。





(余談)

    古希は 数え70歳のお祝いなので
    なにせコロナ禍、
    
    知らないうちに 終わりました。



0 件のコメント:

コメントを投稿