2018年7月19日木曜日

酷暑の中で

<ゴルフに出かける◯◯がいる>

昨日パパは朝早く愛情あるママのお言葉、

「搬送されるなら近所の◯◯病院指定してね~~」に
送りだされバッグ担いで芝刈りへ出かけました。


(暑さよけグッズ)

ペットボトル麦茶4本   内2本は冷凍保存・氷状態
体温低下用首紐

ゴルフ所サービスの冷水・おしぼり・日傘(本来雨傘)

冷凍したペットボトルでは首筋・脇の下を冷やしたり
備え付けクーラーボックスの氷かわりに使用します。


最後の18ホールで冷凍も溶けきった麦茶をのみほして
「ああ なんとか無事に終わった~」


仲間内では 氷の塊(アイスノンがわり)や
2L用ではないかと思える特大水筒、
能面と思えた「顔白日焼け止め」等など
個性豊かな猛暑対策でした。


この日を決めたのは1か月以上も前の事。
ここまでの猛暑は想像できないよねパパ。


「今日は金だして、わざわざ
拷問や刑罰うけた」ようなもの・・・・ん?
 
 
暑さも仲間にしてしまった
 
楽しいプレイでした。


ちなみに
この猛暑の中、お世話になったゴルフ場では
救急車のお世話になった方はいませんが
ハーフで切り上げた方々はいらっしゃるとのことでした。







<寝不足は続く>

サッカーの合間にテニスがあって
そして今日「147回全英ゴルフ」開幕です。


選手は蟻地獄を避けるために最善を尽くします。




壁際についてしまったら 「どこへ打つ??」
 


 


 
(ナイスプレイ 日本!!)


10名の日本選手が出場しますが半数は予選通過してほしいなあ。


小平はミケルソン

松山はタイガーと予選を一緒に戦います。

特に小平注目です。

ミケルソンへ「対抗意識ありあり」で挑戦してくれるかも。



タイガーには今大会用隠し兵器クラブがあるとか。これも楽しみです。



  ドライバーは松山の勝やと思うけど
    パターがなあ  パパと同じで3パットするもんなあ



(おまけのカメラ)


 バンカー内のカメラって大きかったのだ。
 これ直撃したら壊れるよね!!






<猛暑の中の凍結?>

今朝、思いがけずパパの兄上から電話。

「実家なあ 凍結でお湯が使えないので連絡だけしとくわ」

凍結??? 今年の冬の話しをしている様子。

「今月中には修理するよう業者に言ってるけど災害で忙しいようで」

そりゃそうだ、地震・豪雨で大阪以西は復旧に時間がかかります。


「帰省するとき直っていたらいいけど使えない事もありうると・・・・・」


そういえば前にも同じことありました。夏とはいえ、水風呂は冷たいのだ。


 
それにしても ここまで修理しないでおくとは

さすがパパのお兄さん、物事に拘りなしですワン。



2018年7月16日月曜日

秋工 初戦敗退

<7回コールド負け>


夏が終わってしまいました。

1・2年生は来年を目指して練習にはいるんだろうな・・・
 
 
春甲子園出場した由利工も消え
 
夏の秋田代表カラーは何色でしょう?
 
 



<洪水災害の助っ人>
 
国土地理院の地図を久し振りに尋ねたら、サービスが半端じゃありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ほんの一部だけ紹介します


(平成30年豪雨)

倉敷洪水の進行状況をみることができます
 
 
 
 
 
起伏図を重ねると平坦な土地であることが良く分かります






(何に使うかは自由です)


①等高線図は当然として
 
  
 
 
 
②現在の航空写真に
 
 
 
 
③起伏図も分かりやすく仕上げてあります。
 

 
 住居付近の土砂流などの危険性が把握できそうです
 
 
 
(みんなで役に立てようよ)
 
様々な資料があるようですが
 
パパは全てを把握はできておりません。
 
 
 



興味ある方・無い方も是非ご確認下さいませ。


(河川の流域分けはもう一工夫?) 
 
 
 
もっとアピールしてほしいです。


ここで 「お宝」 発見ですワン。
 
 
 
 
 
 
 

2018年7月14日土曜日

大先輩への助け船

<暑い!!暑すぎる!!>
     
     

夕方パパと散歩。

風が涼しい?とんでもない。

熱風を感じます。

ここは砂漠か~~~!!

夏の暑さは始まったばかりなのに。

盛夏とはいつ頃の話しだっけ?



<ご存じですか ヘルプマーク>

大先輩からこんなものあるぞ~~と連絡が入りました。

ちなみに先輩は笑顔はとても素敵なのですが

口元が締まるとちょっと強持て?で

知らぬひとはチョット距離を置きたい人種が手にしたもの、

それはヘルプマークだそうです。



「そうか、愛する奥さんに席を確保する道具だな」




  パパはいらないの??

なんで??遠慮しないの。前期とはいえ高齢者なんだから。




(大雨の後の猛暑)

どんなに 暑かろうと

「一雨くれば」 などと

被災地の方々を思えば・・・・・


きっと被災者の方々も

暑さしのぎの雨程度なら
 
ひさびさの 「そうだね~」




(避難所の暑さ対策)


国は総理の意向をうけて

素早い対策を検討し、遂行されている・・・・ワン?。



<おまけの暑さボケ>


突如マウスが動かなくなる。



なんでやねん
 
(故障時は開催弁になります)
 
 
 
なんとか「マウスが作動しない」を検索し
 
幾多の候補から「再起動する」にたどり着く。
 
 
やっとの思いで再起動すれども
 
やっぱりマウスは動こうとしない。
 
しゃあない叩いてみるか・・・・
ネズミたたきだ。
 
 
その時、ふと天の声が!
 
(前も同じことあったよな
  あん時は・・・・・・・・・・・?)     
 
 
ママが買い置きしてた
電池交換で解決しました。
 
 
パパ、暑さでぼけてます。
 
 

2018年7月13日金曜日

「めざせ甲子園」 秋田版

<参加校の紹介ビデオ>

さすがの「秋田朝日放送」さんです!!

先日紹介した組合せ表の中に

参加校の映像が記載されていましたので紹介します。

http://www.aab-tv.co.jp/pc/mezako/


秋田工業はここをクリックしてください

http://www.aab-tv.co.jp/pc/mezako/movie/akiko.php


(グランドでの練習風景)

 
 
(監督さんの談話)
 
 
 
 
などなど、2分間ほどだけど、気分が盛り上がるべ、。
 
 
 
 
 
<災害の後遺症>
 
おびただしい ゴミの山ですが
 
あの日まで使用されていた家庭用品です。
 
 
大切な品々が廃品となってしまいました。
 
 
 
 
自然を恨んでも解決にはなりません。
 
 
僕がこの地球上で生活していくには
 
自然災害に対する謙虚さが必要なんだワン。
 
 
「100%安全で完全な設備などありえない」だよね。
 
 
僕も常日頃、自然の怖さを
 
小さな頭に叩き込むんだワン。
 
 

2018年7月11日水曜日

目覚めの激痛

<なんじゃこりゃ の ふくらはぎ >

痛いなんてものじゃありません。

今朝がた目覚めと同時に、右足ふくらはぎに激痛が走りました。

 
 


原因を調べたら「冷房による冷え」がほとんどだそうで

今晩から半パンのパジャマはやめました。

パパ、これじゃあ 「草刈り無理」だよね。



<計画されてた河川工事>


小田川の水害は10年に1度程発生していたようです。




(合流点の流下能力の向上計画)


高梨川と小田川の合流点でスムーズに流下できるよう

河川の改修工事が計画されていました。
必要とされてから着工迄時間がかかりすぎですよね。


高梨川の流域面積は 2670km2 
小田川の  〃      492km2
 
 

ちなみに武庫川の流域面積は
 
小田川と同等の 496km2です


5倍の流量を持つ河川が合流するのです。

満流だったらどちらが勝つか・・・・・

負けた方は水を河道内に溜めるしかありません。

これがバックウオーターとなり堤防を越流し決壊させました。


 


 


(どうしたら防げるの?)


地元の方々に「水害慣れ」があった事も否定できないようです。


今回の水害でも不自由なお年寄りが

犠牲になられたことが残念です。


助けも呼べずに・・・・・・・。



いざとなったら
パパ、僕頑張るよ!!


六三四の退避所です。
 
散歩が嫌なとき、ここに逃げ込みます。







2018年7月10日火曜日

第100回全国高校野球 秋田県予選

<明後日 開幕します>

組合せはこちらをご覧ください

http://www.aab-tv.co.jp/yume/pc/tournament.php


母校は14日 西目高校と2回戦を戦います。



(秋田県勢甲子園記憶の試合)


忘れられないのが金足農業の対PLとの試合でしょうか。

爺パパは「清原より桑田に気を付けろ」と

カーラジオに向かって声援を送っておりました。


「常勝PL」をとことん追いつめた記憶に残る「一試合」です






あのひと振りが・・・・。






あれから34年過ぎましたが。
 
桑田選手を見ては思い出します。




(甲子園のスタンドで)
 
 
校歌を甲子園で歌いたいなあ~~~



2018年7月8日日曜日

明らかになってきた甚大災害

<NH◯放送で繰り返す数十年とは?>

こんな災害が数十年毎にくりかえされたらたまりません。

子供・孫の代には経験させたくないと誰しもが願うことでしょう。




(高知道の橋桁が落ちた!!)

 
災害前の立川トンネル上り線坑口です


 
 
 
 
土石流で橋桁そっくり持っていかれたようです


 
 


(復旧の目途?)
この部分だけなら下り二車線を
上下線片側使用も可能なのでしょうが
雨が続いており全線被害を掌握しきれてないようです。


 
崩落前に通行止めが行われ、人災は防げたようです。
 
橋桁で横からの土石流に耐えるような設計はありえません。



(台風 8号)

前線はまだ日本列島の上に居座ってます。
台風の影響で活発になりませんように。



進行方向は大陸に向かっています。
そのままで、そちらの方向で・・・・・・。

日本は立ち直る時間を必要としています。



まだまだ 雨は続きます。

皆さま油断なきように。




毎年水害や土石流を心配している地区を
如何に減らせるのでしょうか?

降雨災害は日本全国どこでも起こりえるし、
、津波・火山噴火より被災する確率も高い災害となってます。